育毛剤の選び方【ランキングで効果の高いアイテムセレクト】

効果がでやすい人

育毛サイクル

化粧品と医薬部外品

育毛剤は頭皮環境が原因で抜け毛になっている人に向いている商品です。保湿効果、抗菌効果、殺菌効果、血行促進効果などがあり、頭皮環境を正常に戻す働きをもっています。育毛剤を大きく分類すると「化粧品」と「医薬部外品」があります。化粧品は肌を綺麗に保つために使うものです。化粧品メーカーから販売されているヘアトニック、育毛ローションなども化粧品に分類されます。化粧品よりも有効成分が多めに入っていたり、医師が認めた効果がある育毛剤は医薬部外品になります。医薬部外品の育毛剤もドラッグストアなどで購入できます。有効成分が入っているとはいっても医薬品ではないので、副作用が出ることはなく化粧品のような感覚で使用できます。

初期の薄毛に効く

まだ脱毛の初期症状の人や、頭皮が原因で抜け毛が増えている人が使うと、抜け毛の予防や薄毛の改善の効果があります。ただし、自分の薄毛の状態にあった育毛剤であることや、毎日決められた量を適切に使うことが大事です。たとえ優秀な育毛剤であっても、頭皮以外の理由(睡眠不足、栄養不足、ストレス)などで薄毛になっている場合は効かないので、生活習慣から見直す必要があります。育毛剤は毛生え薬ではありませんが、化粧品として売られているので初めて薄毛対策をする人にとっては使いやすいアイテムです。毎日使うことで抜け毛が減っていき、抜け毛が減ることで、長い目で見ればヘアサイクルが改善されて毛髪が元の状態に戻っていきます。